20210530-1.jpeg
 

 

10年ほど前から本場米国やフランス共和国を中心に、じわりじわりとジャズのリバイバル・ブームが広まっています。ジャズと云っても「ダンモ」と称されるモダン・ジャズではなく、1930〜40年代に一世を風靡したスウィング・ジャズです♪ ジャズ喫茶に入り浸り、バーボンを呷っては煙草を燻らす。身の丈の測り方も知らない能なし小僧にとってダンモは、”お行儀の悪い大人の世界”への魅惑的な入口でした。が実のところ、眉間に皺を寄せて聞き入る理知的なアンサンブルよりは、脳天気でダンサブルなスウィングの方が、遙かに私の性には合っていました。

 

   中でも最近のお気に入りはポストモダン・ジュークボックス(PMJ: Postmodern Jukebox)です。ネーミングからして洒落のめしてるじゃありませんか。PMJは 2011年にピアニストでアレンジャーのスコット・ブラッドリーさんによって米ニューヨークのクイーンズで結成されました。このバンドがあまたある懐かしのあの歌この歌楽団と一線を画しているのは、レディ・ガガやトーキング・ヘッズといったアーティストの大ヒット曲を敢えてスウィング・ジャズ風にアレンジし直し演奏しているところです。興味深いことに、”エレクトリック・ノイズ”が取り除かれアコーステックな音質で奏でられることで、オリジナルの持つメロディーの素晴らしさが際立ちます。まさにアイデアの勝利と云えるでしょう♪

 

   是非とも聴いて頂きたい一曲は、英ロックバンド レディオヘッドの代表作(1992年)として知られる『クリープ』(Creep)のカバーです。PMJはレコーディングやツアーの度にソロシンガーを招いていますが、こちらはヘイリー・ラインハートさん。18歳で米FOXテレビの人気オーティション番組『アメリカン・アイドル』(2011年)でファイナリストに選ばれた彼女が圧倒的な歌唱力を披露しています。

   ”Creep”とはズバリ「キモい」(気持ち悪い)という意味です。歌詞中の”weirdo”は「変わり者」であるとか「変態」。原詩は男性名詞ですが、ラインハートさんが歌うとあら不思議。初恋の歌となります。

 

  〽 あなたに初めて出会った時 

      私は まともに目を合わせることさえ出来なかった

  あなたは まるで天使

  肌の美しさ 羽根のように漂うあなた 美しき世界

  私も 特別になりたかったよ あなたのように

  でも、

  私はダサい キモい

  こんなところで私は 一体何をしているんだろう

  ここは 私のいるべき場所じゃない

 

   恋は異なもの味なもの。恋をすると、誰しもが自分を卑下するようになります。「もっと美しければ、もっと勉強が出来れば、もっとスポーツが上手ければ、もっと、もっと、完璧な私だったら…」。ドロドロとした欲望が渦巻くあの締め付けられるような胸の内を、ラインハートさんは物の見事に歌い上げています。恋を重ねる度に、やんちゃで無鉄砲な小僧も、大人の階段をひとつ、またひとつと昇って行くのでありました。

 

このページのトピック