20210625-1.JPG
 

 

戦後76年、沖縄県の「慰霊の日」。うちなーんちゅの声は、あなたに届きましたか? 一昨日、沖縄本島南部糸満市、摩文仁の丘陵を南に望み、峻険ながらも明媚な海岸線に面した県営 平和祈念公園において「沖縄全戦没者追悼式」が営まれました。そこで宮古市立西辺中学校2年生の上原美春さんが魂を込めて綴った「平和の詩」を、自ら朗読されました。全国民が耳を傾けるべき”沖縄のこころ”がしっかと詠み込まれた全文をここに掲載させて頂きます。

 

 

みるく世(ゆ)の謳(うた)

 

12歳。

初めて命の芽吹きを見た。

生まれたばかりの姪は

小さな胸を上下させ

手足を一生懸命に動かし

瞳に湖を閉じ込めて

「おなかすいたよ」

「オムツを替えて」と

力一杯、声の限りに訴える

大きな泣き声をそっと抱き寄せられる今日は、

平和だと思う。

赤ちゃんの泣き声を

愛おしく思える今日は

穏やかであると思う。

その可愛らしい重みを胸に抱き、

6月の蒼天を仰いだ時

一面の青を分断するセスナにのって

私の思いは

76年の時を超えていく

この空はきっと覚えている

母の子守唄が空襲警報に消された出来事を

灯されたばかりの命が消されていく瞬間を

吹き抜けるこの風は覚えている

うちなーぐちを取り上げられた沖縄を

自らに混じった鉄の匂いを

踏みしめるこの土は覚えている

まだ幼さの残る手に、銃を握らされた少年がいた事を

おかえりを聞くことなく散った父の最後の叫びを

私は知っている

礎(いしじ)を撫でる皺の手が

何度も拭ってきた涙

あなたは知っている

あれは現実だったこと

煌びやかなサンゴ礁の底に

深く沈められつつある

悲しみが存在することを

凜と立つガジュマルが言う

忘れるな、本当にあったのだ

暗くしめった壕の中が

憎しみで満たされた日が

本当にあったのだ

漆黒の空

屍を避けて逃げた日が

本当にあったのだ

血色の海

いくつもの生きるべき命の

大きな鼓動が

岩を打つ波にかき消され

万歳と投げ打たれた日が

本当にあったのだと

6月を彩る月桃(げっとう)が揺蕩(たゆた)う

忘れないで、犠牲になっていい命など

あって良かったはずがない事を

忘れないで、壊すのは、簡単だという事を

もろく、危うく、だからこそ守るべき

この暮らしを

忘れないで

誰もが平和を祈っていた事を

どうか忘れないで

生きることの喜び

あなたは生かされているのよと

いま摩文仁(まぶに)の丘に立ち

私は歌いたい

澄んだ酸素を肺いっぱいにとりこみ

今日生きている喜びを震える声帯に感じて

決意の声高らかに

みるく世(ゆ)ぬなうらば世(ゆ)や直(なう)れ

平和な世界は私たちがつくるのだ

共に立つあなたに

感じて欲しい

滾る血潮に流れる先人の想(おも)い

共に立つあなたと

歌いたい

蒼穹へ響く癒しの歌

そよぐ島風にのせて

歌いたい

平和な未来へ届く魂の歌

私たちは忘れないこと

あの日の出来事を伝え続けること

繰り返さないこと

命の限り生きること

決意の歌を

歌いたい

いま摩文仁の丘に立ち

あの真太陽(まてぃだ)まで届けと祈る

みるく世ぬなうらば世や直れ

平和な世がやってくる

この世はきっと良くなっていくと

繋がれ続けてきたバトン

素晴らしい未来へと

信じ手渡されたバトン

生きとし生けるすべての尊い命のバトン

今、私たちの中にある

暗黒の過去を溶かすことなく

あの過ちに再び身を投じることなく

繋ぎ続けたい

みるく世を創るのはここにいるわたし達だ

 

 

【脚注】 実際の朗読は、こちらから視聴することが出来ます(https://youtu.be/QoGKIisPjx8)。この詩に何度か登場する「みるく世ぬなうらば世や直れ」は、宮古島を代表する民謡『豊年の歌』からの引用で、「皆の生活が良くなりますように」といった民衆の祈りが込められた一節です。

 

こちらは私が、現在の沖縄民謡界において最も優れた三線唄者として敬愛して止まない上間綾乃さんによる名曲『安里屋ユンタ』です(彼女がウチナーグチ、沖縄言葉で歌った『悲しくてやりきれない』は、昨年6月1日のブログでもご紹介しました)。サビの部分の「チンダラ カヌシャマヨ 」は、「可愛くて美しいひとよ」といった意味の囃子言葉ですが太平洋戦争中は、やまとんちゅの兵隊に「死んだら神様よ」と替え歌にされ、人気を博したと云います。

このページのトピック